FC2ブログ

♪ パン・ケーキ教室  Amour au pain♪

パンやケーキ、料理のレッスン紹介やフラワーケーキの紹介

rose

Post

★★ 講師研究科 ★★

2010
07
12
ring
今日は講師研究科&特別講習の勉強でした♪

今日の講研のメニューは 「Brioche Nanterre ~ ナンテール ~ 」 「Big Sunflower ~ ビッグサンフラワー~ 」 、お楽しみメニューは「カシア ウィルク スペシャル 」、特別講習は 「 ゴロゴロナッツ 」!

まず、「ナンテール」・・・こちらンパンは数あるブリオッシュの中の1つになります。
ブリオッシュは、バター、卵、砂糖がまざった、最もリッチな生地で作るパンの部類に属しますが、本来は菓子の一種だったようです・・・ブリオッシュというと、マリーアントワネットが言ったとされる「パンがないならお菓子を食べたらいいのに」という有名な言葉がありますが、最近の研究では違う女性が言ったとの諸説があるようです。
中級コースではブリオッシュ・ア・テートとウィーン風ブリオッシュが出てきますよね!
小生地を連結させたローフ形のパリ西方郊外の町、ナンテールのブリオッシュ。。。タルト型に入れて焼成前にバター・グラニュー糖・卵液を流しいれる、タルト・オ・シュクレ・・・今まではスキムミルクの入っているブリオッシュしか頂いたことがなかったのですが、今日のは入っておらず、スキムのないこのブリオッシュの食感も気に入りました。
また、今日はナンテールの生地をパウンド型に入れる時の入れ方についての再確認となりました。中級コースのウィーン風ブリオッシュの時に釜伸びさせる入れ方の注意点をお話させていただいていますが、今日のパウンドに入れる生地8個にも気をつけないとカマノビしない・・・という実験がありました(笑)
・・・というか、焼成後に先生が実は・・・・と見せていただいたのですが、カマノビしない入れ方をした方とカマノビする入れ方をしたほうとでは、明らかに焼き上げに差がありました。

何気なくポンポンと型入れするのではなく、最後の最後まで美味しく、形良く焼き上げるためにはちょっとしたコツが重要なんだな・・・と改めて感じました。

              7121.jpg

              7122.jpg

ビッグサンフラワーの方は、たっぷりのブルーベリーソースを巻き込み、コーンフレークやスライスアーモンドなどの入ったトッピング生地をのせて焼成します。
このトッピングが美味しくてお気に入りです♪

特別講習は美味しいと評判の「ゴロゴロナッツ」です。
生地量に対して130%のナッツが入り、更にクランベリーやクリームチーズが・・・・もうこの手のパンは大好きな私です。。。更に、クリームチーズを付けながら頂くと美味しいです★

              7124.jpg
            
今月のお楽しみメニューは「カシア ウィルク・スペシャル」・・・・以前JHBSの特別講師として来日された先生のオリジナルレシピになります。
お楽しみに~

              7123.jpg
スポンサーサイト



Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback

Open