スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪ 今日の中級レッスン ♪  

2010, 06. 26 (Sat) 21:55

今日は、午前・午後と中級コースのレッスンがありました

メニューは『ウィーン風ブリオッシュ』『ブリオッシュ・ア・テート』『プルマンブレッド』『カレーベーコンロール』『オランジェ・ババロワーズ』

「ブリオッシュ」・・・作ったことはなくても、一度は食べたり、または耳にしたことがあるのではないでしょうか。

「ブリオッシュ」は、どこの国のパンなのか?というと、フランスのパンになります。

卵とバターを豊富に使って作るブリオッシュは、フランスの朝食によく登場し、現代ではパンの種類にブリオッシュが入っていますが、当時においては贅沢なパン・お菓子に近い扱いだったようです。

ブリオッシュと一言で言っても、フランスでは種類は豊富で、昔から各地独自のものが今に伝わっています。

最古の「ブリオッシュ」というと、王冠型の「クーロンヌ」。
地域によって異なっていますが、フルーツのコンフィ入りで、表面にあられ糖をあしらったものになります。
起源は古代ローマ時代です。

「ブリオッシュ」の種類の一部を書くと・・・パリの「ブリオッシュ・パリジェンヌ」、西仏の「ヴァンデエンヌ」、ボルドーやリヨン、プロヴァンスやコルシカの「クーロンヌ」、北フランスおよびベルギーは「クラシック」などがあります。
東のアルザス地方には、バター量少な目の「クグロフ」も「ブリオッシュ」の仲間とされているそうです。

今日の2種のブリオッシュも配合に違いがありますが、どちらがお好みだったでしょうか・・・?

                6261.jpg

                6263.jpg

                6264.jpg

                6262.jpg

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。