♪ パン・ケーキ教室  Amour au pain♪

★☆ マザー牧場 ☆★

今日は寒空の中でしたが、『マザー牧場』にいってきました~

代表的な春の風物詩でもある300万本の菜の花が満開で、一面に広がる菜の花畑は壮観です・・・

私が幼稚園の頃に家族でここに来て、菜の花畑で撮った写真は、お気に入りの写真の一枚で、今でも大事に保管してあります。
なんだか、とっても懐かしくなりました

         328-1.jpg
   
         328-2.jpg

『菜の花摘み』をやっていたのですが、もう時期も終わり・・・ということもあり、袋に詰め放題でした♪
我が家には、たくさんの菜の花(春)が咲いてます
今日も午後からはパラパラと雨がふってきましたが、菜の花(別名:菜種)の咲いている時期、おもに3月下旬から4月上旬にかけて降り続く雨のことを「菜種梅雨」(なたねつゆ)といいます。菜の花の香り、春が漂ってきそうな素敵な名前ですよね

菜の花をはじめ色々な花を催す(咲かせる)という意味で、「催花雨(さいかう)」という別名もあるそうです。

春~夏にかけては、植物にとって成長を促す大切な雨が降ることから、この時期の雨に植物の名前が付いているものが多いようです。
『菜種梅雨』の季節が終わり、5月初旬は『たけのこ梅雨』・・・5月中旬からは『卯の花くたし』・・・そのあと、梅の実の熟す頃には『梅雨』がやってきます。

私は、昔から雨音を聴くのが好きなのですが、雨で季節の移り変わりを感じてみるのも風情があっていいですね。

        328-5.jpg

『菜の花摘み』の後は『ポピー摘み』
ポピーも春のお花の代名詞ですが、蕾の時は緑の2枚のガクに包まれていて、そこに薄い花弁が、蝶のさなぎの中の羽のように折りこまれています。
咲く準備が整うと、ガクがポロリと落ちて(蕾をしっかりと守ってくれているんですね・・・)、色鮮やかな、和紙のようなしわしわになった花弁が一気に広がります

開花すると命が短いので、蕾を摘んだほうがいい・・・とのアドバイスを頂いたので、今日は蕾ばかりを摘みました。

しっかりとガクに守られているので、何色のお花が咲くのかはまだ分からないのですが、「七色の恋」という花言葉の1つがあるように、お花の色は、赤・ピンク・オレンジ・黄・白などとあるので、どんな色のお花が咲くのか、楽しみです

                328-3.jpg

最後は『いちご狩り』です
立体型7段式のイチゴ園で、ハウスの中は甘いイチゴの香りが漂い、立ったまま収穫が出来ます♪
大小様々なイチゴを収穫してきました・・・
今日は、お天気は真冬並みの寒さでしたが・・・気分は、春いっぱい、あふれてます

             328-4.jpg

                   328-6.jpg
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)