♪ パン・ケーキ教室  Amour au pain♪

♪ 今日のレッスン ♪

今日のレッスンは中級コース『モンキーブレッド』『豆太鼓』・・・お楽しみメニューは「桜もち」

              327-2.jpg       

今日のメニューを昨夜からとても楽しみにして下さっていたとか・・・嬉しいですね

型からひっくり返して出てきたモンキーブレッドのその姿が見えた時・・・毎回、毎回、歓声があがるのが楽しみ・・・と以前書かせて頂きましたが、今日も相当、楽しませて頂きました~(笑)

カロリーは気になりつつも、手が・・・口が・・・止まらないモンキーブレッドです

             327-1.jpg

桜が開花し、お花見につきもののお菓子といえば、桜もち・・・ということで、今日のお楽しみメニューは『桜もち』・・・
関東風と関西風のどちらがお好みか事前に伺ったのですが、関東風の桜もちをご存知ないと(九州のご出身者なので)・・・あれは、桜もちとは言わない。。。(笑)とのことでしたので、今日は関西風で~!

関東と関西で違うものは他にも色々とありますが、桜もちは関東と関西とでは違った和菓子を指します。

関東の桜もち(長命寺餅)は、小麦粉・白玉粉を使ったクレープ状の焼き皮であんを巻いて作ります。
桜もちの元祖と言われる老舗の和菓子店・長命寺の桜もちがこのタイプになります。

享保2年(1717年)に、隅田川の土手の桜の葉を樽の中に塩漬けにして試みに桜餅というものを考案し、向島の名跡長命寺の門前にて売り始めたとか。その頃より桜の名所だった隅田堤は花見時には多くの人々が集り、桜餅がとても喜ばれこれが江戸における桜餅の始まりだそうです。

一方、関西で桜もちといえば(道明寺餅)、道明寺粉で作った生地であんを包んだものです。
この関西版桜もちは、関東では「道明寺」という名前で売られています。
つまり、関西人から見れば、関東では2つの種類の桜もちが存在する・・・ということになります

道明寺粉とは、蒸したもち米を粗く粉にしたもので、大阪・藤井寺にある道明寺で作られていたことから、命名されたといわれています。

ちょっともったり、モッチリとしたクレープ状の食感に対して、もち米のつぶつぶ感とでは、関東・関西で食感に違いがあります。

また、桜もちに使われる桜の葉は、何の桜の葉でも良いわけではなく、オオシマザクラという花の色が白い、野生の桜の種の葉でなければ、桜もち特有のあの香り(クマリンと呼ばれる芳香物質がオオシマザクラに多い)がでないそうです。
 
また、生の葉を嗅いでも桜もちの香りはせず、葉を塩漬けする過程で発生する香りなんだそうです。
 
桜もちには、食感・色・香り。。。とそろった和菓子ですが、日本人の美意識を感じます。

今日の関西風桜もち・・・いかがでしたでしょうか

          327-3.jpg

今日は、とっても嬉しいことにまたまた、大好きな『安納芋』と『空飛ぶ新玉ねぎ』を頂きました。
安納芋は前回も書きましたが、とっても糖度の高い、甘い美味しいさつまいもです。

『空飛ぶ新玉ネギ』という面白いネーミングの玉ねぎですが(鮮度を保つために、関西・関東方面へ飛行機で空輸していることから、その名前が付いたそうですよ)、 これは気象温暖な宮崎でも特に快晴日の多い延岡市を中心とした地域で作られていて、1月から3月までの期間限定品!!

貯蔵をしないので、この機会を逃すと次に食べられるのは来年になってしまうのです

普通の玉ねぎと違うみずみずしさ、甘さ、柔らかさで、辛味が少ないので、スライスしてそのまま生で食べることができるのです。

今日は、早速スライスして、かつお節と青じそドレッシングをかけていただきましたが、柔らかな食感と玉ねぎの甘みがとても美味しいです。

お芋も玉ねぎも・・・素材の美味しいものは、何も手を加えなくても美味しいですね
 




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)