♪ パン・ケーキ教室  Amour au pain♪

無事に一年を終えて・・・

とっても久しぶりの更新となってしまいました
私の身に何か・・・とご心配くださった方々ありがとうございます。
ほぼ休みなく毎日のレッスンでしたのでゆっくりとPCに向かえる時間がとれず、ブログを書くなら皆さんのことを色々と思い出しながらじっくりと書きたいな。。。と思っており、とうとう、今日で今年も最後になってしまいました。。。

        1_20111231153334.jpg

        6_20111231153333.jpg

この11月中旬から12月末までのレッスンは、毎年ながらシュトーレン・パネトーネ・クリスマスケーキ・クッキーハウス・リースが、ほぼメインのメニューとなり、クリスマスまでを迎える1ヶ月を色々な方たちとともに楽しく準備に取り掛かっていた・・・そんな一ヶ月となりました。
    
            2_20111231153334.jpg

            3_20111231153334.jpg

            4_20111231153333.jpg

            5_20111231153333.jpg

今年のクリスマスケーキ『エーデルワイス』・・・白く可憐なエーデルワイスをイメージされてネーミングがつけられたようです。ホワイトチョコで作る飾りは、エーデルワイスのお花をイメージしたのかな。
ホワイトチョコレートのムースの中にはサワークリームが入っていて、チョコムースなのにとってもさっぱりといただけます。今年もたくさんの方たちがこのケーキを作ってくださいました。皆さんが心を込めて作ってくださったケーキ。。。きっと素敵なクリスマスを過ごされたことでしょうね。

            7_20111231153356.jpg

            8_20111231153356.jpg

今年1年を振り返ると、今年もたくさんの新しい素敵な出会いがありました。毎回毎回のレッスンを終えて、反省すべき点もたくさん出てきました。皆さんから多くのことを学ばさせていただいたことの多い1年でもあり、来年のレッスンに向けてさらにパワーアップできればいいなと思っております。
今年は私のお教室から講師を初めて輩出することができ、来年はさらに多くの方々が受験予定です。
皆さんの夢、目標が叶えられるよう、近づけるように、私に出来る限りのことをお手伝いさせていただければと思います。
来年も、みなさんの貴重なお時間を割いてきてくださるパン・ケーキ教室のレッスンを無駄にさせることがないよう、充実したお時間が過ごせるように頑張っていきたいと思っております。
来年もたくさんの皆さんの笑顔と新しい出会いを楽しみにしております
今年1年ありがとうございました。。。来年もよろしくお願いいたします
                            JHBS教師 山田 絵理子

               9_20111231153356.jpg

スポンサーサイト

PageTop

♪♪ 上級レッスン&コーヒーの淹れかた ♪♪

今日の上級コースのレッスンは、『パネトーネ』『イングリッシュマフィン』

ご存知のとおり、パネトーネはパネトーネ種を使って作るのですが、上級コースでは「老麺生地」を作っていただき、本捏ねをしていきます。
老麺生地は季節や温度によって発酵時間が変わり、パネトーネを作るのは普通のパンよりも時間がかかり、大変なイメージをおもちの方も以前は多かったのですが、最近は天然酵母を作ってくださる方が増えたので、時間がかかって大変というよりは、ゆっくりと発酵の時間を楽しみながらパン作りをしてくださる。。。そんな方が増えて嬉しく思います。

もう一品の『イングリッシュマフィン』・・・こちらはお店でも見かけたことがおありかと思いますが、お手軽に作れて美味しいと人気のパンの1つです。
マフィンには、こちらのイングリッシュマフィン・・・18世紀頃からあるイーストを発酵させた生地にコーングリッツをまぶして焼いた円形の平らなパンと、生地にバターや砂糖を加え、ベーキングパウダーで膨らませたお菓子のアメリカンマフィンの2種があります。
            
            k3.jpg

            k2.jpg

さて、今日は先月、『 クスパ×UCCコーヒーコラボ企画  』で参加させていただいたときの「コーヒーの淹れかた」をご試食の時間にさせていただきました
今日は、お楽しみメニューの『ケーゼシュタンゲン』というチーズ味のスティック状のクッキーと『オレンジスクエアチョコ』というオレンジスライスと洋酒を効かせたどっしりとしたチョコケーキとともに、コーヒーを楽しんでいただきました

コーヒーの淹れかたの実践をさせていただいた後に、毎日コーヒーを飲まれていらっしゃるというお二人の方にも淹れていただき、それぞれのコーヒーのお味を飲み比べていただきました。

きちんと計量しても、お湯を注ぐタイミングやお湯を注ぐ太さ、淹れかたによって、味がそれぞれ違いクッキーに合うお味のコーヒーや濃厚なチョコケーキに合うお味のコーヒーと・・・楽しませていただきました

フードペアリングというお話もさせていただきましたが、パンにもそれぞれマッチするコーヒーがあるので、ご試食の時間に皆さんが作ったパンをより一層引き立ててくれるようなコーヒーをお出しできるようになればいいなと思っております

                  k4_20120108160717.jpg

                  k1.jpg


PageTop